ABOUT

生物は根本的に孤独で寂しいことが一般的であり、鉄も惑星の約3分の1を占めている程、普遍的な物質でありますが実感としてはあまりありません。錆という鉄の普遍的な酸化現象が地球への還元現象であることも実際のところ実感することはありません。

今日、実感できないが情報として知っているものが身近に多くあります。超速的に発展したデジタルなメディアが目の前で静かに流れるだけで、まるで現代河川のように護岸され岸を削るような大きな現象は起きません。

このような在り方にわび、さび、幽玄といった諸日本美観は尽くす部分があります。商業利用され軽薄な印象を持たれがちな言葉、思想ですが我々の潜在的な感性に現代でも優しく響くところがあるように感じます。

髙松 威


金属工芸の中で、鉄の表面に発生する錆びの内側に、高松は工芸と彫刻のすきまに存在する寂という在り方を見出した。作品形態は線への偏愛から始まり、それによって発生する隙間、余白にへと視点を変える中で、そこに存在する寂しさに気づいた。それは鉄の表面に様々な錆びとして表象される。その錆びは抽象幾何形態から抜け出し、月や枯葉、川のうねりといったもの中にある寂しさへ表層していく。

  寄稿 山田真也



Iron is processed and oxygen is removed and made into a material. However, since iron is in an unstable state tries to oxidize and stabilize. It is also the main component of the star, the earth and the moon are no exception. Furthermore, it flows as blood to living organisms as well.


I noticed that iron is not the perfect material a fact that red rust peculiar to iron adheres to the surface and does not protect iron itself. I am attracted by this way of rusting.


The margin is a word that points to the part with nothing for the case where there is something mainly in the plane, clearance represents the meaning of the three-dimensional margin. The margin is regarded as a place where people can recognize the most missing part.Iron that hides under the root of various things is used producing margins and clearance.

It may be trying to interpret the "sabi" which is one of Japan's aesthetic sense with the margin.


Takeshi Takamatsu