ABOUT

等身大を最小律で示してくれる鉄を通して、逡巡しながらも人工物との関わり方を鉄から抄出しています。

2021年08月 髙松威

Through iron, which shows us life-size with the minimum law, I extract from iron the way to relate to artifacts while hesitating.

Takeshi Takamatsu



 金属工芸の中で、鉄の表面に発生する錆びの内側に、高松は工芸と彫刻のすきまに存在する寂という在り方を見出した。

 作品形態は線への偏愛から始まり、それによって発生する隙間、余白にへと視点を変える中で、そこに存在する寂しさに気づいた。

 それは鉄の表面に様々な錆びとして表象される。その錆びは抽象幾何形態から抜け出し、月や枯葉、川のうねりといったもの中にある寂しさへ表層していく。

  2019年 山田真也


 In metal craft, Takamatsu discovered the existence of loneliness that exists in the gap between craft and sculpture inside the rust that occurs on the surface of iron.

 The form of his work began with a preoccupation with lines, and as he changed his perspective to the gaps and blank spaces created by these lines, he noticed the loneliness that existed there.

 It is represented as various rusts on the surface of the iron. The rust breaks out of the abstract geometric form and surfaces as loneliness in things like the moon, dead leaves, and the swell of the river.

Shinya Yamada