ABOUT


 日常の中に生活が沈む。日々が暗くかすみ、たしかに覚えていることはあまりない。忘れていく事が自律させ、覚えている事が逡巡させる。


 いま立っている土地のことも、住んでいる家のことも、気にならないようにしたい。気になって手を加えていくうちに変化したことに満たされて手を止める。気にならない生活は日々をスムーズに消費する。


 有限性の中で消えていく物事は、すぐそばで、気付くことも出来ない刹那に土に還り、風に消える。



2022年08月01日 髙松威

  Life sinks into the everyday. The days are dark and hazy, and indeed there is not much to remember. Forgetting makes us autonomous, and remembering makes us hesitate.

 I don't want to be concerned about the land on which I stand or the house in which I live. As I care about them and add to them, I am satisfied with the changes and stop. Life without concern consumes the days smoothly.

 Things that disappear in finiteness are right beside us, returning to the earth and disappearing into the wind in a moment we cannot even notice.

01/08/2022 Takeshi Takamatsu



 金属工芸の中で、鉄の表面に発生する錆びの内側に、高松は工芸と彫刻のすきまに存在する寂という在り方を見出した。

 作品形態は線への偏愛から始まり、それによって発生する隙間、余白にへと視点を変える中で、そこに存在する寂しさに気づいた。

 それは鉄の表面に様々な錆びとして表象される。その錆びは抽象幾何形態から抜け出し、月や枯葉、川のうねりといったもの中にある寂しさへ表層していく。

  2019年 山田真也


 In metal craft, Takamatsu discovered the existence of loneliness that exists in the gap between craft and sculpture inside the rust that occurs on the surface of iron.

 The form of his work began with a preoccupation with lines, and as he changed his perspective to the gaps and blank spaces created by these lines, he noticed the loneliness that existed there.

 It is represented as various rusts on the surface of the iron. The rust breaks out of the abstract geometric form and surfaces as loneliness in things like the moon, dead leaves, and the swell of the river.

Shinya Yamada